難治なアトピー性皮膚炎の方へデュピクセントでの治療が可能です

治療可能な方

  • 15歳以上のアトピー性皮膚炎の患者さん
  • 今までの治療方法(ステロイド外用剤、プロトピック軟膏、コレクチム軟膏)を一定期間継続しても効果不十分の患者さん

作用機序

アトピー性皮膚炎で過剰に働くサイトカンIL-4/13をブロックして、かゆみ、皮疹への効果を発揮します。多くの方が、まず痒みが軽減して、その後に皮膚症状の改善を認めております。

投与方法

投与開始日のみ、2本を皮下注射します。
その後は当面2週間に1回、1本を皮下注射します。
自己注射により維持期の通院は3か月に1回でも可能です。
注射は押し当てるだけのオートインジェクターであり操作がとても簡単です。
初回と2回目は院内にて看護師が指導しますのでご安心ください。

お電話でのご相談(操作方法や医療費制度へのご質問)

デュピクセント相談室 0120-50-4970
平日9:00~17:00に専任スタッフが対応いたします。

当院での診療の流れ

  1. 受診初回・診察、適応の有無の確認。
    • 皮疹の確認/評価 (皮疹面積、重症度スコア、患者満足度)。
    • 1回目薬剤投与の日時を決め、予約します。
    • 動画にて実際の投与方法を確認していただきます。
  2. 注射1回目:希望日
    • 動画にて実際の投与方法を確認して頂きます。
    • 当院看護師と一緒に注射の練習、指導いたします。2本目はご自身で注射していただきます。
  3. 注射2回目:初回から2週間後
    • ご自身にて注射して頂きます。
  4. 注射3回目以降
    • 患者さんご自身で注射投与して頂きます。
    • 1.2回目で問題なく施術できましたら、3回目から受診時は診察と処方のみとなり、2週間に1回自宅にて自己注射となります。
    • 3か月分まで処方可能です。

デュピクセント®ペンの薬剤費 (別途診察代等かかります)

自費 (10割負担)の方
初回(2本)133,124円
2回目以降(1本)66,562円
窓口負担 3割の方
初回(2本)39,937円
2回目以降(1本)19,969円
窓口負担 2割の方
初回(2本)26,625円
2回目以降(1本)13,312円
窓口負担 1割の方
初回(2本)13,312円
2回目以降(1本)6,656円

医療費助成制度について

デュピクセントを導入した患者さんは、その効果に大変満足されておりますが、「治療費が高い」と考える方もおられます。
国の定めた高額療養費制度
年齢、収入により異なりますが、費用負担が軽減されるケースがあります。企業によっては一定額以上の医療費は健保組合が負担してくれるということがあります。勤務先の組合、役所にご確認ください。
ひとり親家庭への医療費補助制度
自治体によってはひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)の方に医療費助成を行っている場合があります。助成内容や自治体により異なりますので、詳しくはお住いの自治体にご確認ください。
学生などへの医療費補助制度
大学などの学校では、独自に学生の医療費負担を補助する制度を運営している場合があります。手続きが必要な場合もありますので、詳しくは大学の学生課などにご確認ください。

他院にて導入済みの方

すでに他院で導入済みの方にもご対応可能です。デュピクセント初回導入時の医師の皮膚症状の評価が必要になりますので、必ず紹介状をご持参ください。
みどり皮ふ科診療時間|平日9:30〜13:00、14:00〜17:15、日曜10:00〜13:00|休診日火曜・土曜・祝日
WEB予約
一般皮膚
小児皮膚
美容皮膚
美容皮膚料金表
ドクターズコスメ
化粧品料金表
curonオンライン診療予約システム